自己処理のメリット・デメリット

 

多くの人がムダ毛の自己処理を1度は経験していると思います。一番多いのは、剃ることでしょうか。これは自分が気になったときにすぐに出来て、見た目にも早く処理出来る方法ですね。しかし、毛を剃るのと同時にお肌の表面も削ってしまうのでお肌へのダメージはあります。他には、抜くという方法もありますね。こちらは一度根本から抜いてしまうと、次に生えてくるまでに時間がかかるので、処理が楽に感じますね。しかしこの方法は、続けていれば分かりますが、埋もれ毛と言って毛が皮膚の中に埋もれた状態で生えてきたり、毛を引っ張るという刺激によって鶏の肌の様にプツプツと表面が盛り上がってしまうなど肌に大きなダメージを与えてしまいます。同じ抜くという方法でも、ワックス脱毛というものがあります。ワックスを使用して一気に毛を引き抜くので、人によっては耐え難い痛みを伴う為、なかなか続けるのも困難な様です。その他にも、毛を溶かす方法や脱色という方法があります。これはどちらも肌にその溶剤が合わなければ、かぶれてしまったり炎症を起こしやすくなるので、お肌の弱い人には勧めません。また、毛を溶かす溶剤とのことで、使用出来る部位が決まっています。大抵は足と手だけですので、くれぐれも陰部周りには使用しないで下さい。毛を溶かす強さのある液なので、その辺りも理解した上で使用しなければいけません。自己処理は自分で気軽に簡単に出来るのが良いですが、お肌へのダメージの蓄積も理解して行う必要がありますね。

 

公式サイトで詳細チェック!

関連ページ

レーザー脱毛は痛いですか
レーザー脱毛は痛いですか
永久脱毛の相場とは
永久脱毛の相場とは
医療脱毛は高いのか
医療脱毛は高いのか
光脱毛とレーザー脱毛の違いとは
光脱毛とレーザー脱毛の違いとは
若いときに脱毛は完了させておくと楽です
若いときに脱毛は完了させておくと楽です
脱毛のきっかけとは
脱毛のきっかけとは
脱毛って痛いのか
脱毛って痛いのか
脱毛って恥ずかしいのか
脱毛って恥ずかしいのか
脱毛って高いのか
脱毛って高いのか
私の脱毛体験談
私の脱毛体験談
毛周期と脱毛する頻度まとめ
毛周期と脱毛する頻度まとめ
脱毛の流れ
脱毛の流れ
脱毛サロンのメリット・デメリット
脱毛サロンのメリット・デメリット
私もかつてムダ毛に悩んでいました
私もかつてムダ毛に悩んでいました